福利厚生を考える|美容業界でも名を馳せる在庫管理システム|正しい数字管理
男の人

美容業界でも名を馳せる在庫管理システム|正しい数字管理

福利厚生を考える

レディ

福利厚生のあり方が変わってきています

福利厚生といえば、会社が従業員のために給与以外のものとして準備するもので、大きく捉えると退職金制度などを含み、社員食堂や、スキルアップのための講座の準備や通学費用の補助などが挙げられます。福利厚生は会社が必ず準備すべきものではありません。しかし、比較的大きな規模の会社などでは、福利厚生が充実しているところもあります。中には、自分で選ぶことのできるカタログギフトを準備しているところまであるのです。

どのようにプランを選ぶか

カタログギフトのようなものは、従業員一人ごとの値段によって、準備される内容が異なり、例えば、一人月額5,000円相当ならば、このくらい、一人10000円程度であれば、準備されるレベルがもう少し上など、値段によって内容が異なるか、中身は同じだがグレードが異なるかします。これによって、自社でプランを検討し、実際に業者と契約などをする必要もなく、一人につき必要な費用を払うことであとは実際に社員が好みのプランを利用することで割引を受けたり、サービスを受けたりすることが出来ます。内容としては、ベビー関連のサービス、冠婚葬祭関連、ホテルの宿泊ブランの割引またはサービスの追加、レストランの割引などがあり、様々です。他には、宿泊施設が利用できることもあります。それを利用している社員も実際多くいるので、福利厚生はより良い会社つくりのためには必要といえます。